家電・家電関連用品

日立の新型掃除機 PKV-BK3Kの旧型PV-BL3JやPV-BL1Kとの違い!レビュー・口コミ・評価や性能スペック・特長・重量・バッテリー連続使用時間も紹介

2022年12月30日(金)放送の『アメトーーク!5時間40分SP』「年末大売り出し!家電芸人」で紹介された、約2か月分相当のごみをためられる紙パック式集じん方式を採用した日立のコードレス掃除機 かるパックスティック PKV-BK3Kが2022年12月に発売され、話題になっています。

「年末大売り出し!家電芸人」で紹介された日立のコードレス掃除機 かるパックスティック PKV-BK3Kがテレビだけでなく、SNSでも話題を集めているので、この先大ヒット間違いなしの予感ですが、新型PKV-BK3Kの旧型PV-BL3JやPV-BL1Kとの違いや性能スペック・口コミ・評価などについても気になっている人も多いのではないでしょうか?

この日立の掃除機 新型PKV-BK3Kの旧型PV-BL3JやPV-BL1Kとの大きな違いは、紙パック式集じん方式を採用しているので、ゴミで満タンになった紙パックを取り出すとき、紙パックごと捨てられるため、お手入れが簡単なことです。

しかも、満杯に膨らんだ紙パックを取り出しやすい「紙パックするりん構造」を採用しているのでとても便利になっています。

また、日立の掃除機 PKV-BK3Kは標準質量1.1kgで軽量なのと、強い吸引力を両立しています。

さらにPKV-BK3Kは「パワフル スマートヘッド light」でごみを浮かび上がらせるのでごみがよく見え、暗いところはでもしっかり掃除できるのが特長になっています。

今回の記事では、日立グローバルライフソリューションズから発売された掃除機 紙パック式かるパックスティック 新型PKV-BK3Kの旧型PV-BL3JやPV-BL1Kとの5つの違い、性能・スペック・特長さらにはレビュー・口コミ・評価などを紹介します。

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥1,209
(2023/01/27 12:33:17時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥34,551
(2023/01/27 12:33:18時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥31,600
(2023/01/27 12:33:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

新型PKV-BK3Kの旧型PV-BL3J/PV-BL1Kとの違い

新型PKV-BK3Kの旧型PV-BL3JやPV-BL1Kとの違いは5つです。新型PKV-BK3Kと旧型PV-BL3JやPV-BL1Kの違いを紹介します。

PKV-BK3Kは紙パック式だが、旧型PV-BL3J/PV-BL1Kはサイクロン式

新型PKV-BK3Kは標準質量1.1kgの軽量で片手でも扱いやすいだけでなく、紙パック式だから、ゴミがいっぱいになったら紙パックを捨てるだけ。手を汚さず、PKV方型用に開発された紙パックを約2か月に1回交換でOKです。

しかも新型PKV-BK3Kは、お掃除のあとのお手入れもラクな[紙パックするりん構造]なので、紙パックがごみで満杯に膨らんだ状態でも、フィルター枠がスライドして簡単に取り出せます。

 

PKV-BK3Kは吸引力が続く[パワー長もち流路]だが、PV-BL3J/PV-BL1Kはなし

PKV-BK3Kは、[パワー長もち流路]構造を搭載し、空気がスムーズに流れるので、ごみがたまってきてもパワーが長もち。

 

PKV-BK3K/PV-BL3Jは専用のスティックスタンド付きだが、PV-BL1Kはスティックスタンドなし

新型PKV-BK3KとPV-BL3Jは専用のスティックスタンドに立てて置けるから、サッとお掃除を始められます。

PKV-BK3K/PV-BL3Jには、ごみくっきり緑色LEDライト搭載

新型PKV-BK3KとPV-BL3Jは緑色のLEDライトが見えにくいゴミもくっきり浮かび上がらせて、見やすいので部屋をキレイにしやすいです。

 

PKV-BK3KとPV-BL1Kは、バッテリー充電時間が短い

PKV-BK3KとPV-BL1Kは、バッテリー充電時間が約2時間になっています。(PV-BL3J:約3.5時間)

 

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥1,209
(2023/01/27 12:33:17時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥34,551
(2023/01/27 12:33:18時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥31,600
(2023/01/27 12:33:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

圧倒的におすすめな日立PKV-BK3Kの特長

片手でラクラク使える軽量1.1kgで、驚きの吸引力

・約2か月に1回でOKな容量の紙パック式だからごみ捨てはとってもラク

・紙パックがごみで満杯に膨らんだ状態でも、フィルター枠がスライドして簡単に取り出せる「紙パックするりん構造

緑色LEDライトで、見えにくいごみも浮かび上がらせるため、掃除しやすく部屋をキレイにできます。

髪の毛などがからまりにくいように、ブラシの先端をループ形状に

・軽くて取り回しやすく、自走式だから、軽快にお掃除

・髪の毛などがからまりにくい回転ブラシは、水洗いもできる

※かるパックスティックPKV-BK3K商品紹介動画・機能紹介

 

日立PKV-BK3Kの性能スペック

日立の掃除機 紙パック式かるパックスティック PKV-BK3Kの性能スペック

本体寸法(長さ×幅×高さ):
スティック時
205mm×230mm×1082mm
ハンディ時
409mm×84mm×156mm
スタンドセット時
249mm×280mm×1108mm

標準質量(本体質量):
1.1kg(0.80kg)

集じん容積:
0.4L

電池(定格電圧):
リチウムイオン電池(内蔵バッテリー)(18V)

バッテリー連続使用時間:
強約8分
標準約30分(パワフル スマートヘッド light 非使用時約45分)

バッテリー充電時間:
約2時間

付属品:
ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
延長パイプ
スティックスタンド
ACアダプター
パックフィルター(GP-S120FS 1枚)

※PKV-BK3Kに使用する紙パックはPKV方型用に開発された抗菌3層パックフィルターの日立純正GP-S120FS(6枚入り)を使用します。GP-S120FSには約2か月に1回でOKな容量があります。以下は抗菌効果(公式サイトより引用)です。

型式 GP-S120FS
抗菌の確認を行った試験機関 一般財団法人カケンテストセンター
試験方法 滴下法
抗菌の方法 抗菌剤希釈液をスプレー加工
抗菌処理を行っている部品の名称 パックフィルター内層紙
試験結果(抗菌活性値) 2.0以上
試験成績書発行番号 本-4196CK-30595

 

 

日立PKV-BK3Kのレビュー・口コミ・評価

日立の掃除機 紙パック式かるパックスティック PKV-BK3Kは、Amazonでも2022/12/23から取り扱いを開始したばかりで、レビューや口コミなどはまだ少ないです。

今後しだいにカスタマーレビューが増えてくると思いますので、また更新させて頂きますね^^

日立PKV-BK3Kの悪いレビュー・口コミ・評価

日立の掃除機 紙パック式かるパックスティック PKV-BK3Kの悪いレビューや口コミは見つかりませんでした。

Amazonでも取り扱いを開始したばかりなのか、悪い口コミ・評価はありませんでした。

 

日立PKV-BK3Kの良いレビュー・口コミ・評価

 


個人のレビュー・口コミのみならず、

家電量販店でも発売間もないのに評価が高いようです。お店でも日立の一押し掃除機としてストレートにおすすめしている様子が見られます。

褒めちぎりすぎていてPKV-BK3Kが可愛そうな位ですね(笑)

『アメトーーク!5時間40分SP』「年末大売り出し!家電芸人」で紹介された日立の新型掃除機PKV-BK3Kの旧型PV-BL3JとPV-BL1Kとの違い口コミ・評判!性能スペック・特長も紹介|まとめ

2022年12月30日(金)放送のテレビ朝日系番組『アメトーーク!5時間40分SP』「年末大売り出し!家電芸人」で紹介された、紙パック式かるパックスティック掃除機 日立新型PKV-BK3Kの旧型PV-BL3JやPV-BL1Kとの5つの違い、性能・スペック・特長さらにはレビュー・口コミ・評価などを紹介しました。

日立PKV-BK3Kは、今までのコードレス掃除機とかなり違いのある、強い吸引力だけでなく1.1kgで軽量なのと、紙パック式で集めたゴミを捨てやすい、使い勝手のよい製品に仕上がっているのがわかります。日立PKV-BK3Kを是非おすすめします。

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥1,209
(2023/01/27 12:33:17時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥34,551
(2023/01/27 12:33:18時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥31,600
(2023/01/27 12:33:19時点 Amazon調べ-詳細)

(画像、口コミ、性能スペック、特長など、公式サイト・Amazon店・ニュースリリースを参照し引用)